技術ニュース

(2015.09.15)  (5)量産・外観を見据えたゲート設計のポイント

(5)量産・外観を見据えたゲート設計のポイント_5

(5)量産・外観を見据えたゲート設計のポイント_5_1

 

樹脂を金型に射出する際に必要なゲートについて、上記のような大きなサイドゲートを設けると、ニッパーで切るなどのゲート処理が必要となりコストが発生します。

ゲート形状を上記のような形状に変更することで、外観に影響しない部分にゲートを設けることができたり、ゲートをニッパーで切るような作業を軽減できます。

樹脂射出成形は生産数が多いので、ゲート処理にかかる作業低減はコストダウンに直結します。従って、様々なゲート形状が採用できるように、ゲート位置と形状に幅を持たせおくことが必要です。なお、使用する材料・製品の形状・厚み・取り数等により使用できないゲート形状があり、それぞれにデメリットな部分もある為、ゲート位置・形状は慎重に選定する必要が有ります。

その他の技術ニュース

(7)樹脂の流れとウエルドラインを考慮した設計を行う
(6)スライドが不要となり金型費が削減できる設計のポイント
(5)量産・外観を見据えたゲート設計のポイント
(4)角はなるべくRを持たせて設計する

<div class="top-contact">
<ul class="clearfix">
<li><a href="http://rockykasei.co.jp/?p=55"><img src="http://rockykasei.co.jp/wp-content/uploads/2015/02/bt_mail.png" alt="メールでのお問合せはこちら" /></a></li>
</ul>
</div>

VA VE ハンドブック

  • 樹脂射出成形 VA VE ハンドブック
  • 厚肉成形.com レンズ成形など厚肉成形の品質とコストを両立する、設計者・開発者のための技術情報サイト厚肉成形.com レンズ成形など厚肉成形の品質とコストを両立する、設計者・開発者のための技術情報サイト
  • 厚肉成形.com レンズ成形など厚肉成形の品質とコストを両立する、設計者・開発者のための技術情報サイト
  • 樹脂射出成形 製作事例
  • 流動解析コンサルティング
  • ロッキー化成のカイゼン活動

ロッキー化成 求人情報

  • ロッキー化成 求人